blog_import_57a49e031b0c6

竹のターナー

ターナー
たまにしか料理はしませんが、菜箸など使いづらい道具が多すぎます。
とくに竹のターナーは、私が左利きのせいか裏返しにして使わないとなりません。
また、かどがたってて握って痛いものが多いようです。
自分用に手に馴染むよう、かどを削ってみました。しっくりしました。

金繕い・金継ぎ作品3

過去の投稿

平澤流金繕い教室申込受付中!
PAGE TOP